ニュース
» 2016年01月26日 19時03分 UPDATE

タニタ、「タニタ食堂」事業を強化 店舗を全国展開へ

タニタは「タニタ食堂」を全国展開する。

[ITmedia]

 タニタは1月26日、「タニタ食堂」を全国展開すると発表した。3年以内に47都道府県に1店舗ずつを目標に60店舗まで拡大する計画で、年間100万食・5億円規模の売り上げを目指す。

photo タニタの谷田千里社長

 このほど、きちり、ロイヤルコントラクトサービスとの業務提携をそれぞれ解消。新たに給食事業を展開するレパストと提携し、出店のスピードを上げる。フランチャイズ、業務委託、メニュー提供の3方式を軸に、現在の21店舗を60店舗まで拡大する計画だ。

 中食事業も強化。「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開するプレナスと連携し、昨年4月に販売した弁当「タニタ監修弁当」に加え、2月1日からレパストと宅配食サービス「からだ倶楽部」を首都圏で開始する。全てのメニューをタニタの社員食堂担当管理栄養士、荻野奈々子氏が監修する。

 1食当たり500キロカロリー前後・塩分3グラムに抑えつつ満腹感が得られるタニタ食堂ならではのメニューを採用。配達日の夕食と翌日の朝食を1セットとし、月曜日から金曜日まで日替わりメニューで提供する。価格は5セットで1万1000円(税込)。

 レパストの西剛平社長は「近年、職場や家庭において人間関係が希薄になり、元気がなくなっている人が多くなった。私たちは心温まる食事を提供することで日本を健康で元気にしていきたい。数値目標としては年間10万食以上を目指す」と話した。

 タニタの谷田千里社長は「タニタ食堂のメニューを食べたいという人は多い。しかし、そこへ届けられていない現状があった。これから進める店舗の拡大や中食事業の強化により、全国の人にタニタ食堂のヘルシーメニューを届けたい」と意気込んだ。

photo (左から)タニタ食堂の上木知規社長、タニタの谷田千里社長、レパストの西剛平社長

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ