ニュース
» 2016年02月25日 11時13分 UPDATE

世界初「アイスコーヒーサーバー」を開発、ネスレ日本

ネスレ日本は、夏に冷えたアイスコーヒーを手軽に飲みたいという「ネスカフェアンバサダー」のリクエストに応えて、世界初となるペットボトルコーヒー専用の「アイスコーヒーサーバー」を開発した。

[ITmedia]

 ネスレ日本は、夏に冷えたアイスコーヒーを手軽に飲みたいという「ネスカフェアンバサダー」のリクエストに応えて、世界初となるペットボトルコーヒー専用の「アイスコーヒーサーバー」を開発した。3月中旬より全国約22万人の「ネスカフェアンバサダー」がいるオフィスやコミュニティーを対象に、無料貸出の先行受付を開始する。

 アイスコーヒーサーバーの開発期間は約1年。「複数のアンバサダーに実際に試していただき、さまざまな意見を取り入れながら、試作と改良を繰り返した結果、完成することができた」(同社)という。一度に4本までペットボトルコーヒーを保冷して収納しておくことが可能。冷たい温度になれば、LEDライトが“飲みごろサイン”で知らせてくれる。

 家庭用コーヒーマシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」は、累計販売台数300万台を突破している。

yd_coffee1.jpgyd_coffee2.jpg ネスカフェ アイスコーヒーサーバー(左)、ペットボトルコーヒー商品例(右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ