ニュース
» 2016年02月26日 15時10分 UPDATE

芳林堂書店が破産申し立て

首都圏で書店を展開する芳林堂書店が破産。

[ITmedia]

 帝国データバンクによると、首都圏で書店を展開する芳林堂書店が2月26日、東京地裁に自己破産を申し立て、破産手続き開始決定を受けた。負債は約20億円。事業は書泉に譲渡することで合意しているという。

 同社は「芳林堂書店」「コミックプラザ」を都内4店舗、埼玉県5店舗、神奈川県1店舗で展開。2月に入って新刊・既刊が入荷しない状態になっており、主力仕入先である書籍取次の太洋社が自主廃業も想定して会社の全資産の精査などを進める方針を明らかにしたことで、動向が注目されていた。

 同社は戦後に古本販売で創業し、1948年に法人化。71年にはJR池袋駅西口に芳林堂ビルを建設し、旗艦店として池袋本店をオープン。99年8月期の売上高は約70億5000万円だった。

 だが出版不況や競合大型店の出店から売り上げが減少。2003年には同社のシンボルだった池袋本店を閉店し、翌年にはビルも売却。15年8月期の売上高は約35億8700万円にまで落ち込み、厳しい資金繰りを強いられていたという。

photo 芳林堂書店のサイトには新刊・既刊の入荷が止まっているとの告知が掲載されていた

 

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ