ニュース
» 2016年04月21日 16時24分 UPDATE

若手社会人、上司とSNSでつながることに「抵抗」6割

若手社会人の6割が、上司とSNSでつながることに抵抗があるという。

[ITmedia]

 上司とFacebookなどのSNSやLINEなどのチャットでつながることに抵抗がありますか?――若手社会人の男女にこう尋ねたところ、64%が「抵抗がある」と感じているという。

 ビッグローブのネット調査で分かった。「仕事とプライベートは分けたい」「個人情報が気になる」「投稿次第で上司の印象が悪くなるかもしれない」──といった理由が挙がっている。

photo (提供:ビックローブ)

 上司からの友達申請やID交換については、「特にうれしくはないが、つながる」が35%、「本当は嫌だが、仕方がないのでつながる」が27%、「何とかしてつながらない方法を探す」が17%となり、仕方なくSNSでつながる傾向が見えた。

 また、上司とSNSやチャットでつながることによって、利用方法に変化があったか聞いたところ、「見るだけになった」が56%、「プライベートのことを言わなくなった、言いづらくなった」が48%となり、利用を控える回答が目立った。

photo (提供:ビックローブ)

 一方で、「上司の考え方を知る機会が増えた」「プライベートな一面が見えて話題が増えた」など、ポジティブな結果も半数程度見られた。

 上司・同僚とつながっているツールは、LINEが48%、Facebookが26%、Instagramが16%、Twitterが13%。「Instagram、Twitterでは、上司とはつながりたくないが、同僚とならつながってもいいと考えている人が多い」という。

photo (提供:ビックローブ)

 3月18日〜22日にインターネットを使って調査し、20〜25歳の社会人と、社会人歴1〜5年目までの男女698人が回答した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集