ニュース
» 2016年04月25日 15時09分 UPDATE

東京五輪エンブレムはA案「組市松紋」に決定

2020年東京五輪・パラリンピック公式エンブレムは「組市松紋」(くみいちまつもん)のA案に決まった。

[ITmedia]

 2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委は4月25日、公式エンブレムを「組市松紋」(くみいちまつもん)のA案に決めたと発表した。

photo 決定した「組市松紋」

 デザインは公募で一般から募集し、1万4599点から最終候補として4案が絞られ、ネットなどで投票を受け付けていた。

 A案は市松模様を藍色で表現したもの。公式投票サイトの説明は以下の通り。

 歴史的に世界中で愛され、日本では江戸時代に「市松模様(いちまつもよう)」として広まったチェッカーデザインを、日本の伝統色である藍色で、粋な日本らしさを描いた。

 形の異なる3種類の四角形を組み合わせ、国や文化・思想などの違いを示す。違いはあってもそれらを超えてつながり合うデザインに、「多様性と調和」のメッセージを込め、オリンピック・パラリンピックが多様性を認め合い、つながる世界を目指す場であることを表した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集