ニュース
» 2016年05月06日 18時14分 UPDATE

ブックオフ、赤字幅拡大 買い取り低調

ブックオフの営業赤字が拡大。家電や本などの買い取りが低調となり、売り上げが伸びなかった。

[ITmedia]

 ブックオフコーポレーションは5月6日、2016年3月期の連結営業損益が5億3000万円の赤字になる見通しだと発表した。従来予想は1億5000万円の赤字だったが、家電や本・ソフトの買い取りが低調で、売り上げが見通しを下回った。

photo 家電買い取りも始めたブックオフ=同社サイトより

 売上高は前回予想から4億4000万円減の765億6000万円。リユース店舗事業では、3月中旬以降の需要期に合わせて家電を中心に買い取りを大幅に増やし、3連休中のセールなどで販売を伸ばす──という計画だったが、家電買い取りが想定していた伸びを大幅に下回り、本・ソフトの買い取りも前年実績を割り込んだ。

 直営店の売り上げ見通しが下振れしたことで、営業利益にマイナス2億3000万円の影響が出た上、格安スマートフォン事業からの撤退コストが見込み以上に発生したことなども響いた。

 最終損益も従来予想から1億8000万円悪化し、5億3000万円の赤字を見込む。

 下方修正を受け、経営責任を明確化するため、松下展千社長の月額報酬20%カットなど、7月まで役員報酬の減額を決めた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集