ニュース
» 2016年05月18日 16時53分 UPDATE

新パスポートは「冨嶽三十六景」採用 全ページ異なるデザインに

外務省は、次期パスポートの基本デザインに葛飾北斎の「冨嶽三十六景」を採用した。

[ITmedia]

 外務省は5月18日、次期パスポートの基本デザインを決めたと発表した。葛飾北斎の「冨嶽三十六景」を採用し、全ページが異なるデザインになる。2019年度中の導入を目指す。

photo 新パスポートのイメージ=ニュースリリースより

 表紙は現在と同じだが、見開きごとに富嶽三十六景の24作品を背景として薄く印刷した形で採用する。各ページを異なるデザインとすることで、偽造対策にも有効だとしている。

photo
photo パスポートに採用される24作品

 「日本的なデザイン」をコンセプトに検討し、「世界的にも広く知られ,富士山をメインモチーフとし,まさに日本を代表する浮世絵」として選んだ。2020年の東京オリンピック・パラリンピック前年の導入を目指している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集