ニュース
» 2016年06月22日 17時11分 UPDATE

退任したアローラ氏、役員報酬は64億円 最高額更新

ソフトバンクグループの副社長を退任したニケシュ・アローラ氏の役員報酬額は過去最高を更新した。

[ITmedia]

 東京商工リサーチによると、6月22日付でソフトバンクグループ副社長を退任したニケシュ・アローラ氏の役員報酬額(2016年3月期)は64億7800万円で、過去最高額を更新した。

 これまでの最高額はオリックスの宮内義彦元会長が受け取った54億7000万円(2015年3月期)だったが、その額を10億800万円上回った。報酬の内訳は、基本報酬が9億5500万円、賞与が36億3600万円、株式報酬が18億8700万円。

 ニケシュ・アローラ氏は昨年6月にソフトバンクグループの代表取締役副社長に就任。孫社長の後継者候補として2015年3月期には報酬額165億5600万円を受け取るなど、話題になった(当時は取締役ではなかったためランキング対象外)。

photo 役員報酬(歴代ランキング)
photo ニュースリリース

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集