ニュース
» 2016年07月05日 18時29分 UPDATE

コンビニ大手3社、高齢化した団地に出店へ URと連携、生活支援拠点に

コンビニ大手3社は、UR都市機構と提携し、高齢者支援を含むUR賃貸住宅居住者の生活をサポートする。

[ITmedia]

 セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンのコンビニ大手3社とUR都市機構は7月5日、高齢者支援を含むUR賃貸住宅居住者の利便性向上を目的に連携したと発表した。

 具体的な取り組み内容は団地、店舗によって異なるが、通常のコンビニサービスに加えて、生活支援サービスの窓口機能を持たせる。

 団地の管理事務所の営業時間外に一部業務を受託したり、コミュニティー形成を目的とした各種イベントなどの情報掲示や、店内を交流スペースとして使ってもらう。また、災害時などの防災拠点になることも検討している。

 3社は今後、協力内容の具体化を進め、UR都市機構が管理する団地、約100カ所に出店を進めていく。

photo 連携のイメージ
photo ニュースリリース

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集