ニュース
» 2016年07月19日 08時00分 UPDATE

星野リゾートの青森エリアが挑む「冬」との戦い (1/5)

いよいよ東京のど真ん中に「星のや」をオープンする星野リゾート。これまでさまざまなホテルや旅館を再生してきた同社は、現在国内外で35施設を運営する。今回はそのうち3施設を展開する青森県での取り組みを追った。

[伏見学,ITmedia]

 東京・大手町、オフィス街のど真ん中に日本旅館――。

 ホテル・旅館運営の星野リゾートが7月20日に高級日本旅館「星のや東京」を開業する。18階建ての旅館で、客室は84室。近隣には「アマン東京」や「パレスホテル東京」、「シャングリ・ラホテル東京」など高級ホテルがひしめき合う中、星のや東京の料金も1泊2日で約7万円からとそん色ないが、既に次々と予約は埋まっているという。

 星野リゾートの事業は主に経営難に陥ったホテルなどを再生し、その運営に当たること。現在の運営施設数は国内外35拠点、取り扱い高は441億円に達する。2017年春には北海道の「旭川グランドホテル」の運営を開始、同社初となるビジネスホテルの再生に乗り出す。さらに地元行政と提携して、2019年をめどに山口県長門市にある長門湯本温泉の再生を目指すなど、その事業領域の幅は広がりつつある。

 そんな星野リゾートが力を入れているエリアの1つが青森だ。「青森屋」(三沢市)、「奥入瀬渓流ホテル」(十和田市)、そして「界 津軽」(南津軽郡)という3つの宿泊施設を展開する。

雪が積もる露天風呂から眺めるねぶり流し灯篭は、今や「青森屋」の冬の風物詩に 雪が積もる露天風呂から眺めるねぶり流し灯篭は、今や「青森屋」の冬の風物詩に

 青森屋は2005年、奥入瀬渓流ホテルは2005年、界 津軽は2011年から星野リゾートが運営する。それぞれが経営悪化に追い込まれた段階での運営スタートだったが、今やこの3施設の売上高は右肩上がりと順調だ。例えば、奥入瀬渓流ホテルの2015年の売上高は17億円、年間利用者は7万人となっている。青森屋も過去5年間で売上高を4割伸ばした。

 ビジネス成長に向けて一体どのような取り組みがあるのだろうか。

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -