ニュース
» 2016年07月27日 16時12分 UPDATE

任天堂、245億円の最終赤字 4〜6月期、円高響く

任天堂の16年4〜6月期は245億円の最終赤字に。

[ITmedia]

 任天堂が7月27日発表した2016年4〜6月期の連結決算は、最終損益が245億円の赤字だった。円高が進み、為替差損を計上したことが響いた。

photophoto ポケモンGOは世界的ヒットだが……

 売上高は前年同期比31.3%減の619億円。ニンテンドー3DSハードが前年同期比7%減の94万台、Wii Uハードが53%減の22万台にとどまった上、amiiboも対応新作ソフトが少なかった影響で、フィギュア型が約170万台/カード型が約130万枚にとどまった。

 営業損益は51億円の赤字。円高の進行で外貨建て資産について為替差損350億円を計上した結果、経常損益は386億円の赤字だった。

通期の業績予想は修正せず、売上高は5000億円、営業利益は450億円、最終利益は350億円。

 米Nianticによる「Pokemon GO」がヒットしているが、任天堂は「業績への影響は限定的」とコメントしていた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集