ニュース
» 2016年07月28日 14時36分 UPDATE

社員の有給消化、3日ほど増やしたい 経団連など「働き方改革宣言」発表

経団連や日商などの経済団体が、3日程度の年休の追加取得などを推進する「働き方改革宣言」を公表。

[ITmedia]

 日本経済団体連合会(経団連)や日本商工会議所などの経済団体はこのほど、従業員の年休取得を3日程度増やしたり、深夜残業の原則禁止などを推進する「働き方改革宣言」を公表した。長時間労働の是正や、平均で5割以下にとどまる年休取得率の改善が「喫緊の課題」だとしている。

 「ノー残業デー」実施の徹底、深夜残業の原則禁止や朝方勤務の導入、テレワークの活用を進めるほか、土日祝日の前後に年休を取得する「プラスワン休暇」や、子どもの休みに合わせるなどして年間3日程度の年休追加取得などに取り組む。

 宣言では「企業が持続的な成長を遂げていくためには、従業員一人一人の健康を確保し、生産性を高める必要がある」としており、経営トップの強いリーダーシップによる積極的な労働環境の改善を呼び掛けていく。

photo 「働き方改革宣言」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集