連載
» 2016年08月15日 06時00分 UPDATE

新人記者(オタク女子)が行く:Ingressユーザーって、ポケモンGOのことをどう思ってるの?(仲は悪くないの?) (1/3)

平成生まれの新人記者2人による連載。第2回は、大ヒット中の「ポケモンGO」について。いわば“前身”ともいえる「Ingress」のユーザーは、ポケモンGOとそのユーザーをどう思っているのか……? あれこれ聞いてきました。

[青柳美帆子,ITmedia]

新人記者が行く:

 アラフォーの鬼編集者に囲まれつつも、毎日必死で記事を書いている新人のスズキとアオヤギ。元高校球児で“史上最強の応援団長”の呼び名を持つスズキと、家にいるのが何よりも好きな女オタクのアオヤギ。平成生まれの2人が「最近気になること」に突撃していきます。連載バックナンバーはこちら


青柳 「Pokemon GO」(ポケモンGO)、流行ってますね。鈴木さんもバリバリやってますか?


鈴木 今はレベル7になったよ。そういえばポケモンGOって、同じくNianticが作った「Ingress」(イングレス)というゲームをベースにしてるんだよね。僕はIngressの方は3日坊主で終わってしまったんだけど……Ingressのプレイヤーの人たちは、正直ポケモンGOのヒットに対してどういう気持ちを抱いているんだろう?


青柳 確かに……「ポケモンGO新規め!」「オレたちの領土を荒らしやがって!」と苦々しく思っているかもしれませんよね。


鈴木 そもそも、IngressとポケモンGOって似てるのかな? どっちが難しいんだろう……。


青柳 ちょっと“Ingressの達人”に会ってきます!


ポケモンGOの前身ともいうべきIngressとは?

 7月22日のリリース以降、爆発的にヒットしているポケモンGO。ゲームを開発・運営しているのは、Googleの社内ベンチャーからスタートした企業・米Nianticだ。Nianticは、まず位置情報ゲームIngressで大きくその名を知られることになった。

 2013年12月に正式版がリリースされ、14年7月のiOS版公開で注目されたIngress。ダウンロード数は1400万を突破、世界200以上の国でプレイされている。最もプレイヤー人口が多いのは本家本元の米国だが、日本はそれに次ぐIngress大国の1つだ。

 Ingressは現実世界がマップになっていて、プレイヤーが青と緑の2陣営に分かれて競い合う“陣取り合戦”がメインのゲームだ。陣地は、「ポータル」と呼ばれるスポットを3地点結ぶことで作れる。

 今回はIngressの古参プレイヤー、irmare(イルマーレ)さんに話をうかがった。もちろんこの名はハンドルネームで、40代の日本人男性。Ingressユーザーのことを「エージェント」と呼ぶが、irmareさんは都内で会社員をやっている“表の顔”と、東京・西新宿を舞台に活躍する敏腕エージェントであるという“裏の顔”を持ち合わせている。

Ingressの敏腕エージェントであるirmareさんに、ポケモンGOについて語ってもらった

 irmareさんは、“日本で一番早くレベル16(最高レベル)になった紳士”。Ingressの公式イベントでスピーチをしたり、ラジオで出演したりしたこともある。Ingressの達人は、ポケモンGOに何を思うのか?

最初期のIngressは「ここはアイツのシマだ」

irmareさんのエージェント情報。すさまじいスコアが並ぶ。これまでに歩いた距離は約6300キロメートルだが、それは地球の半径にあたる

青柳: irmareさんのIngress歴を教えてもらえますか。

irmare(以下、イル): Ingressを始めたのは13年1月21日です。それまでは釣りを趣味にしていて、ゲームはほとんどやっていませんでしたね。ニュースサイトでたまたま見かけて、「Googleが作っているって面白いな」と思って遊び始めました。そうしたらのめり込んでしまって。1〜2カ月でレベル8に、7月19日にはレベル16(最高レベル)になりました。

青柳: 日本で初めてのレベル16に到達した人。つまり、その時点での“日本最強”だったわけですよね……1日のプレイ時間はどれくらいだったんでしょうか。

イル: 1日に1〜3時間ですね。そのころは自転車通勤をしていて、朝と夜の通勤時間に集中してやっていました。今は筋トレにハマっていて、実はIngressからちょっと離れています。1日に10〜30分くらいですね。

青柳: それは“離れている”とは言わないのでは……? 初期のIngressは、どういった状態だったんでしょうか。

イル: iOS版が出るまではそこまでプレイヤーが多くはなかったので、お互いの家や通勤ルートはバレバレ状態だったんではないでしょうか。Ingressは敵対チームのユーザーが行動するとメッセージが出てくるので、かなり相手を意識するんですよね。「このエリアはアイツのシマだ」といった縄張り意識も強かったですし、「このエリアを支配しているエージェントが会社から帰ったので、攻撃するなら今がチャンス」といった判断もありました。

青柳: やくざ映画みたいですね。

イル: そうかもしれません。でも、iOS版が出てからは、ユーザーが大きく増えましたから、「あのエージェントがすぐそばにいる!」ということは少なくなりました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集