ニュース
» 2016年09月08日 15時01分 UPDATE

運転台に足を上げた姿勢で新幹線を運転 JR東海、運転士を処分へ

東海道新幹線の運転士が、運転台に足を上げた状態で運転をしていたとしてJR東海が「厳正に対処」。

[ITmedia]

 東海道新幹線の運転士が、運転台に足を上げた状態で運転をしていたとして、JR東海は9月8日、「極めて不適切」として厳正に対処する方針を明らかにした。

photo Twitterに投稿された写真では、運転席の窓から足を上げているのが見える状態になっていた=写真は無関係です

 JR東海によると、名古屋運輸所の男性運転士(29)が9月6日午後1時55分ごろ、掛川〜浜松間のこだま653号(東京駅午前11時56分発)で、運転台に足を上げた状態で運転していた。

 新幹線の運転席から足が見えている様子を撮影した人がTwitter上に公開し、騒ぎになった。JR東海が社内調査したところ、運転士が認めたという。

 新幹線には約320人が乗っていた。列車の遅れなどはなかったという。

photo JR東海の発表

 JR東海は「東海道新幹線の運転士としてあってはならない行為であり、極めて不適切」として、厳正に対処するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集