コラム
» 2016年10月03日 05時30分 UPDATE

マネーの達人:「自宅を売る」のは難しい 今のうちに知っておくべき3つの注意点 (1/3)

住宅を売却するとき「不動産業者が提示した査定額は適正なのか」という疑問はつきもの。業者に任せきりにせず、インターネットなどを利用して自分で調べることも重要です。今回は、自宅を売るときに注意すべき3つのポイントをご紹介します。

[小野雄吾,マネーの達人]
マネーの達人

 住宅の売却を考えるとき「不動産業者は適正な価格をつけているのか?」という疑問はつきものです。現在ではインターネットで住宅の査定を複数の業者に一括で依頼できるようになっており、査定価格を簡単に知ることができます。

 今回は、自宅を売るときに注意すべき3つのポイントをご紹介します。

注意点1. 不動産屋に丸投げしない

 土地や一戸建て、マンションなど、不動産を購入したことはあるけど売却は始めてという人も多いのではないでしょうか。人生のうちで何度も経験することではないので、多くの場合はほとんど何も分からない状態です。

 不動産の売買には専門的な知識が必要になることから、売却を考えた場合には不動産屋に全てをまかせがちになってしまいますが、適正な価格が付けられているかどうか気になります。誰でも、少しでも高く売りたいというのが本音です。

自分で調べて納得のいくパートナーを選ぶ

 インターネットの普及により、専門知識がなくてもある程度は不動産の売却に関する知識を得ることができます。一括査定サイトなどを利用すれば、複数の不動産屋に査定を申し込めます。そこから納得のいく査定額を提示する会社を選べばいいのです。

不動産屋に丸投げせず、自分でも調べる努力を(写真と本文は関係ありません)
       1|2|3 次のページへ

copyright (c) "money no tatsujin" All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集