ニュース
» 2016年10月31日 13時31分 UPDATE

「アニメ聖地」ファン投票1位はあの作品 アニメツーリズム協会の中間発表

国内外から「アニメ聖地」を募る投票の中間発表では、最新作から名作まで幅広い作品が選ばれている。

[ITmedia]

 国内外のファンから「アニメ聖地」を募る投票の中間集計結果が10月31日発表され、1位の「ラブライブ!」(東京・秋葉原周辺など)など最近の人気作品や放映から時間が経った名作など、幅広い作品が集まっている。

 投票は、アニメの舞台になった地域を「アニメ聖地」として選び、観光客の呼び込みにつなげる「アニメツーリズム協会」(富野由悠季理事長)が実施。投票結果は聖地選定の基本データに活用する。

photo 都内の四谷周辺が「聖地」として話題になった「君の名は。」 (C) 2016「君の名は。」製作委員会
photo 総合ランキング=ニュースリリースより

 トップの「ラブライブ!」(東京・秋葉原周辺など)は日本語圏で3位、繁体字中国語圏・簡体字中国語のそれぞれでトップになり、総合で首位に。2位の「氷菓」(岐阜県高山市)は日本語圏、繁体字圏、簡体字圏それぞれで2位。3位の「ガールズ&パンツァー」(茨城県大洗町)は繁体字圏で上位だった。

 総合の28位には、大ヒット中の映画「君の名は。」(東京都内、岐阜県など)が入った。モデルになったとされる場所には、「聖地巡礼」と呼ばれるファンが多く訪れている。

 ランクインした作品は最新作に限らない。日本語圏で1位になった「たまゆら」(広島県竹原市)は2010年にテレビ放映された作品だが、竹原市が積極的にPRに活用していることで知られる。日本語圏10位の「らき☆すた」(埼玉県久喜市など)も地元商工会の取り組むなどを通じて「聖地」の先駆けになり、テレビ放映から9年経つ現在も根強い人気がある。

 同協会は「自治体での展開やイベントなど、地元での取り組みが盛んな作品は、国内外からアニメ聖地として長期的に支持されていることがうかがえる」としている。

photo 言語圏別ランキング

 アニメツーリズム協会は9月に設立。「機動戦士ガンダム」シリーズで知られる富野由悠季監督が理事長に就任し、理事会にはKADOKAWAの角川歴彦会長やJTB、日本航空の代表らが参加。「クールジャパン」と「観光立国」を掲げる政府も協力する。

 協会に参加を希望する自治体や企業・団体などの募集を始めた。詳細はWebサイトで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集