ニュース
» 2016年11月07日 17時50分 UPDATE

日本カー・オブ・ザ・イヤー、最終候補の10台発表

2016-17 日本カー・オブ・ザ・イヤーの最終選考に進む「10ベストカー」が発表された。

[ITmedia]

 2016-17 日本カー・オブ・ザ・イヤー(主催:実行委)の最終選考に進む「10ベストカー」が11月7日、公式サイトで発表された。

photo 最終候補に選ばれたスバルの新型「インプレッサ」

 ノミネートされた35台から選ばれたのは、富士重工業「インプレッサ」やトヨタ自動車「プリウス」など国産勢4台と、BMW「M2 クーペ」など海外勢6台(ただしアバルト124スパイダーはマツダ「ロードスター」ベース)。

 10台の中から選ばれるカー・オブ・ザ・イヤーは12月9日に発表する。

photo 初代M3をほうふつとさせるサイズ感のBMW「M2 クーペ」
photo 最新機能を満載したメルセデス・ベンツの新型「Eクラス」
photo 「オートパイロット」が話題になった日産の新型「セレナ」

 10ベストカーは以下の通り。

  車名 ブランド
【01】 インプレッサスポーツ/G4 スバル
【02】 プリウス トヨタ
【03】 フリード/フリード+ ホンダ
【04】 セレナ 日産
【05】 M2 クーペ BMW
【06】 A4シリーズ(Sedan/Avant/allroad quattro) アウディ
【07】 F-PACE ジャガー
【08】 アバルト124スパイダー アバルト
【09】 Eクラス メルセデス・ベンツ
【10】 XC90 ボルボ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集