ニュース
» 2016年11月14日 06時00分 UPDATE

サイドメニュー拡充の裏側:牛丼も好調! くら寿司、“外食の何でも屋”を目指す (1/2)

60〜70種類の本格的なサイドメニューを提供するくら寿司。「何屋さんか分からない」と言われることが多くなったが、実際同社は“外食の何でも屋”を目指しているという。

[鈴木亮平,ITmedia]

 くら寿司のサイドメニュー攻勢が止まらない――。近年、くら寿司が次々と投入する斬新なサイドメニューが好調だ。

 2015年7月に発売したシャリとカレーを組み合わせた「しゃりカレー」は発売から3カ月で100万食を突破。今年7月発売の「シャリコーラ」は、同社も「想定外だった」というほどの売れ行きで、発売から約2週間で一時品切れ状態となった。そして、11月4日に発売した牛丼の初速も好調で、既に数値目標(3カ月で100万食)を超える見込みだという。

photo 「シャリコーラ」は、同社も想定外の売れ行きだった

 くらコーポレーションは2012年にラーメン、2014年に豚丼、2015年にカレー、2016年にうな丼、冷やし中華――など、さまざまなサイドメニューを開発しており、その数は60〜70種類に及ぶ。

 同社によると、この豊富かつ、企画力のあるサイドメニューが業績を支えているという。実際、既存店の売り上げは昨年対比で2012年度が101.5%、2013年度が104.2%、2014年度が102.5%、2015年度が101.6%と、サイドメニューを本格的に拡充した年から好調だ。売り上げ比率をみるとサイドメニューが3割を占める。また、リピーターの数が増えたことも業績を後押ししている。

 「来店した次の日も来てくれるようになった。昨日はすしを食べたから今日はカレー、明日は牛丼、その次はラーメン――と、1週間のランチを全てをくら寿司で済ませることができる」(同社)

photo 話題を集めるサイドメニューを次々と投入
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集