ニュース
» 2016年11月17日 17時44分 UPDATE

ロボットが働く「変なホテル」、ギネス記録に認定

「変なホテル」が11月17日、ギネス世界記録に認定された。

[ITmedia]

 ハウステンボスが運営するホテル「変なホテル」が11月17日、「初めてロボットがスタッフとして働いたホテル」としてギネス世界記録に認定された。

photo 澤田秀雄社長(右)とギネス世界記録公式認定員のジャスティン・パターソン氏(左)

 「変なホテル」は昨年7月、長崎県佐世保市のテーマパーク「ハウステンボス」内で1号棟をオープン。フロントでは多言語対応のロボットがチェックイン・チェックアウトの手続きを行い、ロボットアームで荷物を預かるなど、ロボット活用による業務効率化を推進している。

 現在は144室を従業員9人のみで運営しており、来年3月下旬に千葉県浦安市富士見でオープンする2号棟では、100室を6人で運営する計画だ。

 同社は今後、国内外での出店を加速させ、アジア圏を中心に100棟以上の展開を目指す。

photo フロント
photo 荷物を預かるロボットクローク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

マーケット解説

- PR -