ニュース
» 2016年11月17日 19時13分 UPDATE

東急・伊豆急が新観光列車「THE ROYAL EXPRESS」 伊豆観光の盛り上げ役に

伊豆急行と東急は、2017年夏に運行を開始する観光列車の名称「THE ROYAL EXPRESS」と車両デザインを発表。JR横浜駅と伊豆急下田駅をつなぐ豪華列車で、伊豆観光の活性化を目指す。

[加納由希絵,ITmedia]

 伊豆急行と東京急行電鉄は11月17日、2017年夏から横浜・伊豆間を運行する新観光列車の名称「THE ROYAL EXPRESS」と車両デザインを発表した。国内観光列車として最大規模となる8両編成の豪華列車で伊豆への旅を演出。観光客数の低迷が続く伊豆半島の活性化を目指す。同日、都内で開催した記者発表会で、東急の野本弘文社長らが戦略を語った。

photo 「THE ROYAL EXPRESS」の外観イメージ (C)ドーンデザイン研究所

イベントスペースを設置

 新観光列車はJR横浜駅と伊豆急下田駅(静岡県下田市)を約3時間でつなぐ。客車、食堂車、多目的車などで構成する8両編成で、定員は約100人。17年7月に運行を開始する。

 車両は、伊豆急の「アルファ・リゾート21」を改造。デザインはJR九州の「ななつ星in九州」などのデザインで知られるデザイナーの水戸岡鋭治氏が手掛けた。伊豆半島の海や山、高原をイメージさせる青色の外観や、伝統的な素材と技術をちりばめた内装が特徴だ。

 全8両の車両は、それぞれデザインや機能が異なる。目玉となるのが3号車のマルチスペースだ。ミニコンサートや結婚式、展示会などのイベントを開催できる車両で、座席を設けない。パーティションで区切ることもできる。

 4号車はキッチンカー、5・6号車は食事などを楽しむ車両となる。すしを提供するカウンターなども設置する計画だ。その他4両が客車で、1・2号車がファミリー向け、7・8号車が上級クラスとなる。

 運行日は原則週2日。料金体系を2コース用意し、価格は2〜3万円の予定。食事の内容などの詳細は17年1〜2月に発表する。

photo 「THE ROYAL EXPRESS」の内装イメージ (C)ドーンデザイン研究所
photo 3号車のマルチスペースの活用イメージ (C)ドーンデザイン研究所

伊豆を再び元気に

 新しい観光列車を投入する背景には、伊豆半島の観光産業を再び活性化させる狙いがある。かつてのバブル期のブームが終わってからは、伊豆を訪れる観光客は減少。伊豆急の利用客もピーク時から半減している。

 再び伊豆の魅力を発信するため、伊豆急は11年からさまざまな事業を展開。駅構内でPRイベントなどを実施する取り組み「伊豆急オモシロ駅長」や、オリーブ栽培によって新たな産業を育てるプロジェクトを実施している。成果も少しずつ出始めており、12年以降は観光客数が回復してきた。新観光列車の開業でさらなる効果を狙う。

 東急の野本社長は新観光列車を「伊豆への思い入れの結晶」と強調。伊豆に鉄道を開通させた東急グループの歴史を踏まえ、「(新観光列車は)もうかる事業ではないが、伊豆が元気になることを期待したい」と力を込めた。

 水戸岡氏も「車両をリニューアルしてよみがえらせることで、伊豆もよみがえれば」と意気込みを語った。

photo 「THE ROYAL EXPRESS」への期待を語った東急の野本社長(左)、水戸岡氏(中央)、伊豆急の小林社長

地域全体で相乗効果創出

 新観光列車の開業と同時に、横浜駅と伊豆急下田駅周辺の整備も実施する。横浜駅にはカフェとラウンジを設置。カフェは一般開放し、ラウンジは列車の乗車客専用とする。下田駅周辺では、下田ロープウェイ寝姿山山頂店舗を改修する。両施設のデザインも水戸岡氏が手掛け、列車と同じ優雅さと快適さを感じられるようにする。

 また、東急ホテルズが運営する下田東急ホテルを17年3月にリニューアルオープン。客室やレストラン、大浴場などの施設を刷新する。

 下田駅構内ではマルシェの開催も計画しており、新しい観光列車を起点に観光客と地元の人たちとの交流促進を図る。伊豆急の小林秀樹社長は「地元の交通、宿泊事業者と一体となって下田を盛り上げ、相乗効果を生み出したい」と語った。

 伊豆地域では、7月にJR東日本の観光列車「IZU CRAILE(伊豆クレイル)」も運行を開始したばかり。観光列車に集まる注目を伊豆の魅力に向けられるかが活性化への課題となりそうだ。

photo 横浜駅ラウンジのイメージ (C)ドーンデザイン研究所
photo 下田ロープウェイ寝姿山山頂店舗のイメージ (C)ドーンデザイン研究所

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集