ニュース
» 2016年11月18日 07時00分 UPDATE

Amazonの音楽配信「Prime Music」、1年で利用者100万人超

Amazonの音楽配信サービス「Prime Music」が開始から1周年を迎えた。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 Amazonが提供するプライム会員向け音楽配信サービス「Prime Music」が、11月18日で開始から1周年を迎えた。

 プライム会員(税込年3900円)が、追加料金なしで国内外の100万以上の楽曲が聴き放題になるサービス。Amazonのキュレーターがコンセプトごとに楽曲を選んだプレイリストや、ユーザーの好みに合わせた曲を24時間ランダム再生する「プライムラジオ」などの機能を備える。これに合わせたアーティストのCD・楽曲や関連書籍の販売もできるのがAmazonならではだ。

photo Prime Musicの画面。さまざまなプレイリストが用意されている
photo プライムラジオの画面
photo プライムラジオの概要

 アマゾンジャパン デジタル音楽事業本部 ディレクターのポール・ヤマモト氏によると、サービス開始当初は誤解を受けることもあったという。

 「日本では楽曲ストリーミングサービスが完全に定着しているとは言えず、認知度を上げることに苦労した。MP3のダウンロードサービスと混同されるケースも多かった。」(ヤマモト氏)

 そこで、プライム会員の中から数人クラシックコンサートに招待し、サービスについての意見をヒアリングするなど、改良に向けた取り組みを工夫した。その結果、現在は100万人以上のプライム会員がPrime Musicを利用しており、月間の平均再生時間がサービス開始時と比較して2倍以上になっているという。

photo アマゾンジャパンのポール・ヤマモト氏

 音楽ストリーミング世界最大手のSpotifyが国内サービスを本格化するなど、競合も激しい。Amazonは競合サービスに対抗するのではなく、あくまで顧客を第一に考えたサービス作りに努めていくという。

 「『Prime Music』の目的は、コアな音楽ファンではなくプライム会員に楽しんでもらうこと。音楽配信サービスを専門で展開している企業とは方向性が異なる。」(ヤマモト氏)

photo 一周年を記念したキャンペーンも実施する(=アマゾンジャパンのプレスリリースより)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集