ニュース
» 2016年11月25日 15時15分 UPDATE

エンジン部に不具合のおそれ:スバル「インプレッサ」など11万8000台リコール

スバル「インプレッサ」などのエンジン部で不具合が起こる可能性があるとして、4車種計11万8389台がリコール。

[ITmedia]

 富士重工業は11月25日、「インプレッサ」などのエンジン部で不具合が起こる可能性があるとして、4車種計11万8389台(2008年2月〜11年1月)のリコールを国土交通省に届け出た。

photo リコール対象時期の「インプレッサ」

 対象は「レガシィ」(08年2月〜10年12月)、「エクシーガ」(08年5月〜10年11月)、「フォレスター」(08年2月〜10年11月)、「インプレッサ」(08年2月〜11年1月)。

 エンジンのウォーターポンプでベアリングが破損し、ウォーターポンプが機能しなくなる結果、タイミングベルトが損傷し、エンジンが停止して再始動できなくなるおそれがあるという。93件の不具合報告があったが、事故の報告はないという。

photo リコール対象箇所=国交省の資料より

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集