ニュース
» 2016年12月07日 12時45分 UPDATE

「CES 2017」に出展:ホンダ、AI搭載のEVコミューターを初公開へ

ホンダは「CES 2017」で、AIを搭載したEVコミューターのコンセプトカー「NeuV(ニューヴィー)」を初公開する。

[ITmedia]

 ホンダは12月6日、2017年1月5〜8日に米ラスベガスで開催される世界最大の家電見本市「CES 2017」で、人工知能(AI)を搭載した電気自動車(EV)コミューターのコンセプトカー「NeuV(ニューヴィー)」を世界初公開すると発表した。

photo AIを搭載したEVコミューターのコンセプトカー「NeuV」のデザインスケッチ

 NeuVには、ソフトバンクグループ傘下のcocoro SBが開発したAI技術「感情エンジン」を搭載。自らの感情を疑似的に生成する機能があり、人とコミュニケーションができるという。自動運転機能も備えている。

 ホンダの出展ブースのテーマは「Cooperative Mobility Ecosystem(考える・つながる・楽しいモビリティーのある世界)」。NeuVのほか、独自のロボティクス技術を活用した二輪のコンセプトモデルも初公開する。

 また、パーソナルモビリティー「UNI-CUB β」の体験試乗コーナーやコネクティッドカー技術の提案、シリコンバレーの研究開発拠点で他社と共同開発している車載エンターテインメントの新技術の紹介など、さまざまな展示を実施。最新技術を活用したモビリティーで生活を豊かにする提案を行う。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集