調査リポート
» 2016年12月09日 12時44分 UPDATE

若いほど一人暮らしに前向き:親と同居する「未婚男女」、実家を出ない理由は?

未婚の男女は、なぜ家族と同居を続けるのか。一人暮らしの意向はあるのか――。マンションマーケット調べ。

[ITmedia]

 親や祖父母と同居する未婚の男女は、なぜ実家に住み続けるのか――。不動産サイトを運営するマンションマーケットが、意識調査を行った。

 20〜40代の未婚男女に「家族との同居を続ける理由」を聞いたところ、最も多かったのは「生活費を節約したいから」で、男性の28.3%、女性の32.0%を占めた。次いで「同居をやめる理由が特に無いから」(男性:22.2%、女性:21.9%)、「家事や炊事をしてもらえるから」(男性:16.7%、女性:14.1%)という結果だった。

 年代別にみると、「介護のために同居する」と答える人は世代が上がるごとに増え、50代男性のうち44.4%を占めていた。また、「一人暮らしが寂しいから」と答えた人は、30代女性に突出して多かった。

photo 家族と同居する理由

半数以上は「いつかは自立したい」

 「将来的に一人暮らしをしたい」と答えた人は、全体の約6割。年代別では20代が最も多く、世代が上がるごとに減少する傾向がみられた。理由としては、「自立のため」「一人暮らしを経験してみたい」「給料が上がり、金銭的に可能になればしてみたい」――などの回答が集まった。一方、「自分は家に残りたいが、両親から『自立してほしい』言われている」など、消極的な理由もみられた。

 一方、「今後も一人暮らしはしたくない」と答えた人に要因を聞いたところ、「家事の負担がなく、楽だから」「特に一人暮らしの必要があるとは思わない」――との意見が集まる結果に。同社は、「自ら家事をすることを負担に感じる人にとって、別居は難しい選択かもしれない」とみている。

photo 一人暮らしの意欲調査(男性)
photo 一人暮らしの意欲調査(女性)

 調査は9月6日〜13日にかけて、親または祖父母と同居している20〜50代の未婚男女326人を対象に、インターネットで行った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集