ニュース
» 2016年12月27日 12時22分 UPDATE

米APT社の分析ソフトを使用:「やよい軒」、店舗運営にビッグデータ分析を導入

「やよい軒」や「ほっともっと」を運営するプレナスが、店舗運営にビッグデータ分析を導入する。売り上げデータなどをもとに、利益の改善に向けた施策を実施するという。

[ITmedia]

 「やよい軒」「ほっともっと」など外食チェーンを運営するプレナスは12月27日、店舗運営にビッグデータ分析を導入すると発表した。顧客の嗜好の多様化や少子高齢化など環境の変化に対応する考えだ。

photo 人気外食チェーンの「やよい軒」(出典:やよい軒公式サイト)

 分析には、施策と成果の因果関係を特定できる、米APTのクラウドソフトウェア「Test & Learn」を使用する。プレナスは同ソフトを使用して、メニューの改善、新商品の導入、各種プロモーション、店舗の改装や移転、スタッフのトレーニングなどの各施策と、POSデータの関連性を分析。売り上げに影響した施策を特定し、戦略の改善につなげるという。

photo APTとTest & Learnの詳細(出典:APTのコーポレートサイト)

 9月から4カ月にわたって実施したトライアルでは、TVCMを活用したマーケティング施策が効果的との結果を得たという。今後も継続的にビッグデータ分析に取り組み、ブランドの成長を図るとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集