ニュース
» 2016年12月27日 14時56分 UPDATE

新プラットフォームで120キロ軽く:スズキ、新型「スイフト」発表 1月発売

スズキは主力小型車「スイフト」をフルモデルチェンジ。2017年1月4日に発売する。

[ITmedia]

 スズキは12月27日、主力小型車「スイフト」の全面改良モデルを発表した。2017年1月4日に発売する。新型プラットフォームの採用で軽量化を実現。独自のマイルドハイブリッドや1.0リットル直噴ターボエンジンの搭載モデルをそろえた。グローバルで販売戦略を加速させる。

photo 新型「スイフト」HYBRID RS

 スイフトは2004年の発売以来、世界で累計530万台を販売している。高いハンドリング性能や取り回しやすさなどが特徴。新型車は、スイフトらしさを継承しながらも、躍動的なデザインに進化させ、さらなる性能の向上を図った。

 新しいプラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用し、車両全体で軽量化を徹底。従来モデルと比べて120キロ軽くした。また、走行性能や燃費性能の向上、居住性と積載性の両立にも貢献した。

 1.2リットル自然吸気エンジン搭載車には、モーター機能付き発電機と専用リチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッド搭載モデルを設定。1リットル当たり最大27.4キロの燃費性能を実現した。

 また、上級モデルには1.0リットル直噴ターボエンジンと6速ATを採用。小排気量だが、1.5リットル自然吸気エンジン相当の高出力、高トルクを実現している。

photo 新型「スイフト」HYBRID ML
photo インテリアも刷新

 安全装備は、単眼カメラとレーザーレーダーによる衝突被害軽減システム「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」を初採用。ヘッドランプのハイビームとロービームを自動で切り替えるハイビームアシスト機能も初めて搭載した。

 価格は134万3520円〜184万5720円(税込)。車体色は赤と青の新色を加えた全9色。

 販売目標は月3000台。日本から販売を開始し、海外でも順次生産・販売を始める。

photo
photo
photo 新型「スイフト」(WEBカタログより)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集