ニュース
» 2017年02月15日 12時14分 UPDATE

新ファンドにノウハウ生かす:ソフトバンクグループ、米投資企業を3752億円で買収

ソフトバンクグループが、米投資企業のFortress Investment Groupを3752億円で買収すると発表。投資のノウハウを新ファンドの運営に生かすという。

[ITmedia]

 ソフトバンクグループは2月15日、米投資企業のFortress Investment Group(Fortress)を約33億ドル(約3752億円)で買収すると発表した。共同投資家も買収に参加する予定で、ソフトバンクグループの出資額と持分は今後確定する。買収手続きは2017年12月31日までに完了する見込みだ。

photo Fortress Investment Group公式サイト

 Fortressは米ニューヨークに本社を置く投資ファームで、1998年に設立。1100人の従業員を持ち、16年9月時点での運用資産は約701億ドル(約7兆9583億円)。買収後も本社は移転せず、ニューヨークで事業を継続するという。

photo プレスリリースの内容

 ソフトバンクグループの担当者は、「Fortressの投資のノウハウを、当社が近く設立予定のテクノロジー分野に出資するファンド『ソフトバンク・ビジョン・ファンド』の運営に生かしたい」と話している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ