ニュース
» 2017年02月23日 17時02分 UPDATE

エンジン制御などに問題:マツダ、CX-5など17万台リコール ディーゼルエンジンに不具合

マツダは「CX-5」「アクセラ」「アテンザ」の3車種計17万2095台をリコール。ディーゼルエンジンに不具合があった。

[ITmedia]

 マツダは2月23日、「CX-5」「アクセラ」「アテンザ」の3車種のディーゼルエンジンに不具合があったとして、計17万2095台のリコールを国土交通省に届け出た。

photo マツダ「CX-5」(2014年)

 リコール対象は、CX-5が2012年2月〜16年11月に製造された約11万6000台、アクセラが13年12月〜17年2月に製造された約1万2000台、アテンザが12年10月〜17年2月に製造された約4万3000台。

 ディーゼルエンジンの5カ所に不具合があった。インジェクタを取り付けるナットの締結力が不足していることから、インジェクタガスケットの面圧が低下し、エンジンオイルが炭化する恐れがある。また、燃料リターンホースについて、取り付け部分のシール性低下や内部の亀裂発生に至る恐れがあるという。

 エンジン制御コンピュータには、減速時のエンジン制御、インジェクタ制御回路の電圧変化によるノイズ対策、過回転制御の3つのプログラムにそれぞれ不具合があった。

 それぞれの対象車両に対して、インジェクタ取り付けナットの増し締め、燃料リターンホースの交換、制御プログラムの修正を実施する。

 これまでに計751件の不具合が報告されたが、事故は起きていないという。

photo リコール対象箇所=国交省の資料より
photo リコール対象箇所=国交省の資料より
photo リコール対象箇所=国交省の資料より

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集