ニュース
» 2017年03月06日 16時53分 UPDATE

震災から6年:「3.11」関連の倒産件数、約2000件

東日本大震災による影響で倒産した企業は累計で1951件――帝国データバンク調べ。

[ITmedia]

 帝国データバンクはこのほど、2011年3月11日に発生した東日本大震災による影響で倒産した企業は、6年間累計で1951件だったと発表した。負債総額は1兆6499億1700万円に上った。

 業種別で最も多かったのは「サービス業」の430件で、その内「ホテル・旅館経営」が120件と突出している。「宿泊施設・設備の損壊のほか、観光客減少に伴う客室稼働率の低下などが大きく影響し、抜本的な収益改善が見込めず倒産に至ったケースが多く見られた」(帝国データバンク)という。

 次いで「道路貨物運送」(50件)、「木造建築工事」(48件)、「土木工事」(35件)――と続いた。

photo 業種別倒産件数

 都道府県別では「東京都」(456件)が最多で、次いで「宮城県」(185件)、「茨城県」(109件)と続き、島根県を除く46都道府県で震災関連の倒産が起きている。

 震災発生後、倒産は年々減少傾向にあるものの、同社は「復興需要が縮小したことによる倒産が散発している」と指摘する。

 「岩手、宮城、福島では、2016年に休廃業・解散件数が4年ぶりに前年比で増加し、特に被害が甚大だった地域では増加幅も大きかった。今後は震災からの復興と地方創生を同時に進め、より実感できる経済復興の実現が期待される」(同社)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集