調査リポート
» 2017年03月07日 10時30分 UPDATE

昨年は恵比寿が1位:恒例「住みたい街ランキング」吉祥寺が首位を奪還

リクルート住まいカンパニーが恒例の「SUUMO住みたい街(駅)ランキング」2017年関東版を発表。1位は2年ぶり6回目の吉祥寺。恵比寿から首位を奪還した。

[ITmedia]

 リクルート住まいカンパニーは3月7日、恒例の「SUUMO住みたい街(駅)ランキング」2017年関東版を発表した。1位は2年ぶり6回目の吉祥寺。吉祥寺は調査開始以来5年連続トップを守っていたが、16年に恵比寿に抜かれ、2位に順位を下げていた。

「SUUMO住みたい街(駅)ランキング」吉祥寺が首位に(=SUUMO)

 2位以降は、恵比寿、横浜、目黒、品川、武蔵小杉、池袋、中目黒、東京、渋谷――と続く。新駅開業や車両基地の開発が話題になった品川は過去最高の5位に。再開発が進む渋谷は初のトップ10入りを果たした。

 リクルート住まいカンパニーは、吉祥寺が首位を奪還した理由が「メディア露出増加」にあると分析。マンガ「吉祥寺だけが住みたい街ですか」のテレビドラマ化、井の頭公園の池の水抜き作業「かいぼり」のニュース、街紹介番組での特集などが行われた。その結果、東京都民と女性のセグメントを中心に得点が伸びたという。

 吉祥寺に対するコメントでは、「おしゃれでいながら庶民的でもあり、暮らしやすそうな街。魅力的な飲食店が多いイメージがある(女性44歳/DINKS)」「洗練されていて、東西へのアクセスが良い。JR中央線と京王線の2路線使える。居心地も良い(男性32歳/DINKS)」「緑もあり、新しい事と懐かしさの両方を感じられる良さがある。公園もたくさんある(男性38歳/ファミリー)」「衣食住の環境がよさそう。さまざまな点で住みやすそう(女性49歳/シングル)」などが寄せられている。

 また、北千住(昨年18位→17位)、立川(29位→20位)が過去最高位に。大宮(21位→15位)、浦和(32位→19位)といった埼玉県の主要駅も順位を上げ、ターミナル駅の人気上昇を示す結果となった。

「これから人気がでそうな郊外の街(駅)」は2年連続で武蔵小杉が1位に。「住みたい行政市区ランキング」は、第2子保育料無料化など子育て支援策を打ち出した港区が2年連続で1位となった。

住みたい行政市区ランキングの1位は港区(=SUUMO)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集