ニュース
» 2017年03月09日 17時51分 UPDATE

ドアがフロアを構成:トヨタ、3人乗りEVコンセプト「i-TRIL」を初公開 (1/3)

トヨタ自動車が、3人乗りのコンセプトモデル「i-TRIL」を世界初公開。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は、3人乗り電動モビリティーのコンセプトモデル「i-TRIL」をジュネーブ国際モーターショーに出展した。

photo

 ドライバーの座席を車体の中央部に配置し、後席に2人が乗れる「1+2レイアウト」を採用。ドアがフロアの一部を構成しており、昇降時にフロアのステップ部分が開く仕組みで、乗降が楽になっているという。

 ボディーはコンパクトで取り回しが良く、左右前輪の上下で車体の傾きを自動的に制御する「アクティブリーン機構」により、快適性・安定性を両立させたという。

photo
photo

 ボディサイズは2830(全長)×1500(全幅)×1460(全高)ミリ、ホイールベースは2080ミリ。1回の充電で、200キロ以上を走行できるとしている。

 欧州の小・中規模都市における30〜50歳の子育て世代の利用を想定して開発したという。

photo
photo
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集