ニュース
» 2017年03月14日 16時35分 UPDATE

ピーチヨーグルト味:キリンとライザップがコラボ プロテイン飲料発売

キリンビバレッジとRIZAPがプロテイン飲料を共同開発。3月28日から全国で販売する。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 キリンビバレッジとRIZAP(ライザップ)は3月14日、共同開発した新商品「キリン ライザップ プロテインボトル」を28日から全国で販売すると発表した。プロテインを5000ミリグラム配合したピーチヨーグルト味のドリンクで、運動習慣の無い30〜40代の男性がターゲット。500ミリリットル入りボトルで、希望小売価格は150円(税別)。

photo キリン ライザップ プロテインボトル

 RIZAPが提唱する体質改善用の食事メソッド「低糖質・高タンパク」をコンセプトに開発。100ミリリットル当たりの糖質を1.9グラムに抑えた点が特徴だ。2016年のプロテイン市場が前年比33%増と拡大し、需要が高まっていることを受けて開発を決めたという。

 RIZAP統括トレーナーの幕田純氏は、「ジム通いはハードルが高いが、まずはドリンクに興味を持つことで、生活習慣を改善するきっかけにしてほしい」と話す。

photo 開発の狙い

 キリンビバレッジは今後、「午後の紅茶」「生茶」などの主力ブランドだけでなく、健康・スポーツ分野の商品にも注力し、さらなる顧客の取り込みを図っていくという。同社は13年に味の素と共同で、ドリンクタイプの「アミノバイタル」を開発するなどの取り組みを行ってきたが、山形光晴マーケティング部長は「今後も機会があれば異業種と協業し、消費者の健康・運動意識を喚起するような商品を開発していきたい」と展望を話している。

photo RIZAPの幕田トレーナー=左、キリンビバレッジの山形部長=右

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集