ニュース
» 2017年03月28日 15時53分 UPDATE

想定を超える受注:パナの宅配ボックス発売延期 需要急増で追いつかず

パナソニックの宅配ボックス「COMBO」の新シリーズが、急激な需要の増加に対応できないため発売を延期する。

[ITmedia]

 パナソニックは3月28日、4月3日に発売予定だった住宅用宅配ボックス「COMBO(コンボ)」シリーズの新製品3種類の発売を延期し、6月1日から受注を始めると発表した。宅配ボックス市場の急激な需要増加に伴い、受注量が通常月の5倍以上に膨らみ、製品の供給が追い付かないためという。

photo 発売を延期するCOMBOシリーズの新製品

 発売を延期するのは、アパートの壁に取り付けるタイプの「COMBO-Maison(メゾン)」8種類、戸建住宅の壁に埋め込むタイプの「COMBO-int(イント)」1種類、戸建住宅の門柱などに取り付けるタイプの「COMBO-F(エフ)」1種類の計10種類。いずれも住宅と一体化し、郵便物と宅配物の両方を受け取れる構造になっている。

photo 新製品の概要

 COMBOシリーズは再配達の削減を図って開発された宅配ボックスで、電気を使わずに施錠・押印できる点が特徴。昨年末に福井県あわら市で実施した実証実験では、宅配物の再配達率を従来の49%から8%へと削減することに成功していた。

 16年4月から発売している、同シリーズの既製品「ミドルタイプ」「コンパクトタイプ」「ハーフタイプ」「スリムタイプ」に関しては、従来通り販売を継続するとしている。

photo 既存の製品の一覧。これらは発売を継続する

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集