ニュース
» 2017年04月03日 12時16分 UPDATE

新入社員が先輩から伝授:恒例の「靴磨き入社式」 靴クリームのコロンブス

靴クリームや靴用品メーカーのコロンブスが恒例の「靴磨き入社式」を実施。新卒社員4人、中途社員7人の合わせて11人が先輩社員から靴磨きを伝授され、ピカピカに革靴を磨き上げた。

[青柳美帆子,ITmedia]

 靴クリームや靴用品メーカーのコロンブスは4月3日、先輩社員と新入社員がお互いの靴を磨く恒例の「靴磨き入社式」を実施した。新卒社員4人、中途社員7人の合わせて11人が先輩社員から靴磨きを伝授され、ピカピカに革靴を磨き上げた。

コロンブスが恒例の「靴磨き入社式」を実施

 同社は1901年(明治34年)に創業し、48年に現社名に改めた老舗靴用品メーカー。売上高は65億5000万円(2016年6月時点)。

 靴みがき入社式は71年から始まり、今年で45回目。自社製品に初めての仕事で触れてもらい、会社への愛着を生み出すとともに、商品を使って新入社員と先輩社員にコミュニケーションしてもらうのが狙いだ。

 先輩社員と新入社員がペアを組み、まずは先輩社員が手本となり新入社員の靴を磨く。磨き終わったら、今度は新入社員が先輩社員の指導の下に靴を磨く。道具の使い方や、布の持ち方などを丁寧に指導する声が飛び交う。

先輩社員が手本を見せる
布の持ち方を丁寧に指導

 新入社員に話を聞くと、「就職活動でこの企業に出会ってから靴磨きをやるようになった。自分の靴はやったことはあるが、人の靴をやるのは難しい。大事な靴を傷つけたりしないよう、前日に練習してきた」と緊張の面持ち。対する先輩社員は「頑張って練習してきてくれた。今回の靴磨きは80点。これからどんどんうまくなってほしい」とエールを送る。

 服部達人社長も「かつては靴磨き入社式で先輩社員の靴を磨いた。緊張で手が震えた思い出がある」と笑いながら振り返る。「靴みがき入社式は社員にとっても自分たちの入社の時を思い出し、初心に帰るタイミングになっている。来年度以降も続けていきたい」という。

 同社の年間提言は「新規開拓」。「これまで取り組んでこなかったことにチャレンジしたい年。新入社員は新しい感覚を持っているので、その感覚をそれぞれに前に出して、先輩たちに伝えていくようにしてほしい」(服部社長)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集