ニュース
» 2017年04月05日 11時30分 UPDATE

介護・看護業界へ:睡眠状態を可視化するシート状センサー 凸版が開発

凸版印刷が、利用者の睡眠状態を解析するシート状センサーを開発。介護・看護業界への導入を見込む。

[ITmedia]

 凸版印刷は4月5日、利用者の睡眠状態を解析するシート状センサーを開発したと発表した。マットレスの下に敷くと、利用者の心拍数や呼吸などの生体情報を取得・分析し、睡眠の深さをタブレットに表示するもので、介護・看護業界への導入を見込む。

 実用化に向け、5月下旬から東京都内の病院で実証実験を実施。10月ごろの発売を予定している。

photo 製品の構成と設置イメージ

 介護従事者の負荷軽減と、患者のリハビリテーション効果の向上が目的。ウェアラブルセンサーとは異なり、睡眠中に外れる危険性がないため、高精度の分析が可能だという。介護従事者は患者の健康状態を把握して適切なサポートができるだけでなく、集積した睡眠データを分析して投薬判断やリハビリメニューのカスタマイズにつなげられるとしている。

 センサーの価格は、1台当たり約10万円を予定。介護・看護業界でのシェア拡大に注力し、2018年までに約2億円の売り上げを目指す。

photo 実証実験の概要

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集