ニュース
» 2017年04月06日 16時50分 UPDATE

商品への接点を強化:ミスド、抹茶専門店やラーメン店とコラボ その狙いは?

ミスタードーナツは今年度の事業方針について、さまざまな企業とのコラボ商品を積極的に展開していくと説明した。その狙いとは?

[ITmedia]

 ダスキンが運営するミスタードーナツは4月6日、今年度の事業方針について、さまざまな企業とのコラボ商品(期間限定)を積極的に展開していくと説明した。多様化するニーズへの対応と、商品への接点を強化することで新規ユーザーの獲得を狙う。

photo ミスタードーナツが抹茶専門店やラーメン店と新商品を共同開発

 第1弾として、創業150年以上の歴史を持つ京都の宇治抹茶専門店「祇園辻利」と共同開発した「祇園辻利 抹茶スイーツプレミアム」(計8種)を4月7日から販売する。

 ポン・デ・リングなどの定番ドーナツに、辻利の抹茶を使ったチョコレートを組み合わせたドーナツのほか、加工黒糖入りのイースト生地に、わらびもち、豆乳ホイップをサンドした「わらびもち抹茶」(税込183円)、白玉、あずき、抹茶ホイップをサンドした「白玉抹茶」(同)の6種を開発した。同時に「抹茶オレ」(同302円)、「抹茶オレ 豆乳ホイップ」(同356円)のドリンク2種も提供する。

photo 「わらびもち抹茶」
photo 「白玉抹茶」

 ダスキンの宮島賢一専務は、共同開発の経緯について「抹茶のドーナツはこれまでも出してきたが、本格的な素材を使ってほしいという声も多かった。やるなら最高級の素材でつくろうと考え、抹茶の名門ブランド『祇園辻利』さんに声をかけた」と説明する。

 「着色料や防腐材を使用せず、抹茶本来の味を劣化させないように開発した。伝統ある辻利さんの抹茶を通じて、普段ミスドに足を運ばないユーザーにも来店していただきたい」(宮島専務)

 26日からは、都内で3店舗を展開するラーメン店「ソラノイロ」と共同開発した「ベジ涼風麺」(同572円)、「トマト豆乳ベジ涼風麺」(同464円)を販売する。健康の志向の高い女性ユーザーをターゲットに、麺、スープ、トッピングの全てに野菜を使用した。

photo 「ベジ涼風麺」
photo 「トマト豆乳ベジ涼風麺」

 「ソラノイロさんは“女性が1人で気軽にラーメンを食べられるお店”をコンセプトに店舗を運営しており、女性のユーザーが8割を占めている。ミスドの顧客層と共通しているので、相乗効果が期待できる。野菜を楽しみながらドーナツを食べるという新しい食シーンを提案したい」(同)

 6月下旬からは食品メーカー、ハウス食品ともコラボし、「世界のカレードーナツ」(仮)を販売する予定。秋以降についてもコラボ商品を積極的に展開していくとしている。

 「さまざまな企業との共同開発によって、多様化する食のニーズへ対応し、食シーンの提案(商品への接点)強化を図っていく。新規ユーザーの獲得にもつながるので、今後は新しいジャンルにもどんどん挑戦していきたい」(同)

photo ダスキンの宮島賢一専務

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集