ニュース
» 2017年04月17日 19時09分 UPDATE

内部にドローン搭載:NTTドコモ、浮遊する“球体型ディスプレイ”開発

NTTドコモが、「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発。2018年度の商品化を目指す。

[ITmedia]

 NTTドコモは4月17日、全方位に映像を表示しながら飛行する球体型ディスプレイ「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発したと発表した。ライブ会場やスタジアム会場での演出、広告表示などでの使用を想定し、2018年度の商品化を目指すという。

photo ディスプレイが浮遊する様子

 ドローンの外側に、LEDを並べた環状のフレームを配置。飛行しながらフレームを高速回転させることで、LEDの光の残像でディスプレイを形成する仕組みだ。この仕組みによって、ディスプレイ搭載による重量の増加などの課題を解消したという。

ALTALT ディスプレイの外観=左、点灯時=右

 サイズは、最大直径が約88センチ、重量が3.4キロ。ディスプレイの仕様は、縦が144ピクセル、横が136ピクセル。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集