ニュース
» 2017年04月20日 14時34分 UPDATE

AT誤発進抑制など:マツダ「デミオ」、先進安全技術を標準装備して新発売

マツダが「デミオ」全グレードに先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を標準装備して新発売。

[ITmedia]

 マツダは4月20日、コンパクトカー「デミオ」に先進安全技術を標準装備し、発売した。マツダは先進安全技術を標準装備化する方針を打ち出しており、その第1弾。価格は138万2400円(税込)から。

photo 「デミオ」(XD Touring L Package)

 先進安全技術「i-ACTIVSENSE」(アイ・アクティブセンス)を全グレードで標準装備とした。同技術には、(1)被害を軽減する自動ブレーキや、AT誤発進抑制制御などを備える。

photo 「デミオ」(XD Touring L Package)

 高齢者の事故多発などを背景に政府が普及を進める「安全運転サポート車」(サポカーS・ベーシック)に全グレードが該当するという。

 ベースグレードのガソリンエンジンモデル「13C」(2WD)が138万2400円(税込)、ディーゼルエンジンを搭載する「XD Touring L Package」(4WD)が224万6400円(同)など。

photo 「デミオ」(XD Touring L Package)
photo 「デミオ」(XD Touring L Package)
photo 「デミオ」(XD Touring L Package)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

マーケット解説

- PR -