ニュース
» 2017年04月28日 12時28分 UPDATE

新世代初の:マツダ、3列シートSUVの名前は「CX-8」 17年中に発売

マツダは、3列シートSUV「CX-8」を2017年中に国内発売する。

[ITmedia]

 マツダは4月28日、3列シートを採用するスポーツタイプ多目的車(SUV)「CX-8」を2017年中に国内発売すると発表した。国内向けSUVの最上位モデルとして登場する。

photo 公表された「CX-8」のインテリア

 国内向け新世代商品としては初めての3列シート採用モデル。「SKYACTIV TECHNOLOGY」(スカイアクティブテクノロジー)」を搭載し、「魂動」デザインを身にまとう。

 マツダが公表したスペックによると、サイズは4900(全長)×1840(全幅)×1730(全高)ミリ、ホイールベースは2930ミリ。2.2リットルクリーンディーゼル「SKYACTIV-D 2.2」を搭載し、「SKYACTIV-DRIVE」(6速AT)を組み合わせる。乗車定員は6人/7人。

photo 2月に発売した新型CX-5

 小飼雅道社長兼CEOのコメント 「CX-8」は、マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現した新型クロスオーバーSUVであり、多人数乗車とともに上質さをお求めになるお客様に向けた、マツダの新しい提案です。マツダは今後も継続的な進化を続けながら、すべてのお客さまに走る歓びと優れた環境安全性能をお届けすることで、お客さまとの間に特別な絆をもつブランドを目指してまいります。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集