ニュース
» 2017年04月28日 14時44分 UPDATE

コストが経営圧迫:「500円ピザ」の「NAPOLI」運営会社が破産

500円前後の安価なピザを提供することで話題になった「NAPOLI」運営企業が破産。

[ITmedia]

 東京商工リサーチによると、ピザを中心に飲食店を展開していたベンチャー「遠藤商事・Holdings.」(東京都目黒区)が4月28日、東京地裁から破産開始決定を受けた。500円前後の安価なピザを提供することで話題になり、急成長していたが、コスト負担も重くなっていたという。負債総額は約13億円。

photo 「ワンコインピザ」で話題になったが……

 「NAPOLI」「Napoli’s PIZZA&CAFFE」「DROP」「Barta」といった店舗を運営。職人技をシステム化し、窯焼きピザを1枚90秒で焼けるシステムを開発し、500円からの「ワンコイン窯焼きピッツァ」を売りにしていた。

 2010年設立ながら、2016年9月期には25億円の売上高に成長。餃子専門店や和食など他業態にも進出し、海外展開も視野に入れていたという。

 だが一方で、出店費用や人件費、広告費などがかさんで経営を圧迫、借入金の負担も増していたという。今年に入り、取引先への支払遅延が起きるなど資金繰りがひっ迫し、事業継続を断念した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

マーケット解説

- PR -