調査リポート
» 2017年05月12日 08時00分 UPDATE

ヤフー・楽天を抑え:ECサイトのプレミアムサービス利用率、1位はAmazon

主要ECサイトのうち、プレミアムサービスの利用率が最も高いのは「アマゾンプライム会員」――ジャストシステム調べ。

[ITmedia]

 ジャストシステムは5月11日、ECサイトのプレミアム会員サービスの利用状況について発表した。主要なECサイトのうち、プレミアムサービスの利用率が最も高いのは「アマゾンプライム会員(Amazon.co.jp)」だった。

 2位以降は「ヤフー・プレミアム会員(Yahoo! ショッピング)」「楽天・プレミアム会員(楽天市場)」「ヨドバシ・プレミアム会員(ヨドバシ.com)」「ZOZOプレミアム・ZOZOプラチナム会員(ZOZOTOWN)」――と続く。

ECサイトのプレミアムサービスの利用率

 月額課金のプレミアム会員モデルは、安定収益の支えとなるとともに、購入率や購入額が高い優良な顧客を囲い込むことにつながるため、各社はさまざまな特典やキャンペーンで有料会員の獲得を目指している。1位のアマゾンプライム会員は、年会費3900円で当日配送や送料無料のほか、映像コンテンツや音楽を視聴し放題になる特典がついている。

さまざまな特典でユーザーを囲い込むプレミアム会員モデル

 インターネット上で買い物をする際に最も頻繁に利用するデバイスは、6割がPC。スマートフォン利用は3割強だった。ただし、年代別に見るとスマートフォン利用の比率は高まり、10代女性は7割以上が利用している。スマートフォンでのEコマースは約6割がアプリを利用しているという。スマートフォンアプリもまた、ユーザー囲い込み施策として重要視されている。

 調査期間は4月28〜30日。16〜69歳の男女1100人を対象に、ネットリサーチを行った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集