調査リポート
» 2017年05月24日 18時04分 UPDATE

トップ企業は2139万円:上場企業の平均給与、初の600万円台に 二極化進む

東京商工リサーチが上場企業の平均年間給与の調査を発表。平均額は605万7000円と11年の開始以来初の600万円台に。上場企業内での「二極化」が進んでいるとの指摘も。

[ITmedia]

 上場企業の平均年間給与は?――東京商工リサーチが2016年の上場3079社についてまとめた調査によると、平均額は前年から6万3000円(1.0%)増え、605万7000円だった。11年の調査開始から5年連続で増加しており、初めて600万円台に乗った。

上場企業の平均年間給与は?

 業種別のトップ3は、金融・保険業の702万9000円、建設業の671万9000円、不動産業の663万7000円。業績が好調な建設業と不動産業は上昇し、東日本大震災以降減少していた電気・ガス業は初めて増加に転じ、658万6000円と4位に付けた。

 最下位は6年連続で小売業の500万円。ただ平均給与は3年連続で上昇しており、「深刻な人手不足の中で待遇改善に動いていることが分かる」(東京商工リサーチ)という。

業種別では

 企業別ではM&A助言会社のGCAが2139万6000円で2年連続トップ。上位50位には、テレビ局、総合商社、大手金融機関が並ぶ。増加率トップはスポーツ用品小売大手のゼビオホールディングスだった。

 平均給与のレンジは、1000万円以上は3079社中60社(1.9%)と、調査開始以来最多に。最も多いのは500万円以上600万円未満の936社(30.4%)で、500万円未満も723社と4分の1を占めている。

 東京商工リサーチは「政府や経団連は企業に賃金引き上げを要請し、上場企業の給与は着実に上昇している。だが、業種間で二極化は拡大し、また中小企業との給与格差も縮まる兆しはみえない」と分析している。

二極化進む

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集