ニュース
» 2017年05月31日 18時40分 UPDATE

「健全なゲーム実況動画を」:ヒカキン所属のUUUM、任天堂から著作物利用許諾を取得

HIKAKINやはじめしゃちょーが所属するYouTuberマネジメント会社UUUMが、任天堂と著作物利用について包括的許諾を受けることで合意した。ゲーム実況で健全な動画づくりを目指すという。

[ITmedia]

 YouTuberの育成やマネジメントを行うプロダクションUUUM(ウーム)は5月31日、任天堂の著作物の利用について包括的許諾を受けることで合意したと発表した。「健全なゲーム実況動画をつくり、ゲーム市場の発展に貢献したい」という。

UUUMが任天堂から著作物利用許諾を取得

 UUUMにはHIKAKIN(ヒカキン)やはじめしゃちょーなどが人気YouTuberが所属している。包括的許諾について、「多くの人気ゲーム実況チャンネルを抱えるUUUMが、任天堂から包括的許諾を受けることで、健全なゲーム実況動画を作り出し、ゲーム市場の発展に貢献していきたい」としている。

 UUUMは2013年に創業。YouTube専門にタレント・アーティストのマネジメントを行い、所属チャンネル数は4300超。16年5月期には、純利益が1億8500万円と、黒字化を果たしている。

UUUMに所属するYouTuber

 ゲームプレイを動画で配信する「ゲーム実況」はYouTubeの人気ジャンルで、UUUMにもゲーム実況を行うクリエイターが多く所属している。作品ごとに一部制限をもうけてゲーム実況を許可するメーカーがある一方で、無許諾によるゲーム実況動画も存在している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集