ビジたね
Special
» 2017年06月29日 10時00分 UPDATE

「書くだけ」でデータをデジタル化 ワコム クリップボードで入力業務を改革

[PR/ITmedia]
PR

 さまざまなテクノロジーが進化している昨今だが、紙ベースでの情報のやりとりは依然としてビジネスに根強く残っている。役所での各種申請、金融機関での口座開設、小売店での予約申し込み――。こんな身近な手続きの場合でも、利用者は必要情報を帳票に記入することが必要だ。そしてその後、担当者は、帳票の内容をPCに入力し、情報をデジタル化する作業が求められる。

 帳票の内容を1枚ずつ手入力するだけでなく、内容にミスがないか確認する必要もあるため、こうした作業は非常に手間がかかる。ビジネスパーソンの大きな負担となっていることは想像に難くない。

 そんな煩雑な入力作業の手間を省き、業務を効率化するためのツールが、「ワコム クリップボード」だ。この製品は、ボードに挟んだ普通紙の帳票に専用のデジタルペンを使って手書きすると、内容を瞬時にデジタル化して保存できる点が特長だ。

photo 「ワコム クリップボード」

 用紙のレイアウトは、専用のキットで自由に編集可能。出力すると、左上に識別用のバーコードが記載される。内蔵するスキャナーがバーコードを読み取ることで紙の帳票とデジタル帳票を同期する仕組みだ。

 ワコム クリップボードは、BluetoothまたはUSB経由で、iOS・Android端末およびWindows PCと接続。ボード上に保存した情報を端末やPCに転送することで、データベースへの迅速な登録も可能になる。

 記入した内容を瞬時にデジタル化し、業務を効率化できるこの製品は、データ入力の煩雑さに悩むビジネスパーソン必携のツールと言えそうだ。

ITmedia ビジネスオンライン編集部の「ここがポイント」

現在、“働き方改革”の機運が高まっており、企業は従業員の負担を軽減することが課題となっています。今回ご紹介したワコム クリップボードは、紙の帳票を使用した現在のワークフローを変えることなく導入し、データ入力の時間を削減できる点が特長。今の時代のニーズに適合したツールといえるでしょう。

アンケート実施中(締め切り:2017/8/1)

本記事に関連して、ITmedia ビジネスオンラインでは「クリップボード型ペンタブレット製品導入」に関するアンケートを実施中です。

アンケートにお答えいただいた方の中から、抽選で3名様に【Amazonギフト券5,000円分】を差し上げます。所要時間は3分程度ですので、ぜひご協力くださいませ。

詳細はこちらから。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社ワコム
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia ビジネスオンライン編集部/掲載内容有効期限:2017年7月12日

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集