連載
» 2017年07月11日 06時00分 UPDATE

長浜淳之介のトレンドアンテナ:業績好調のサイゼリヤ 成長の理由は? (1/3)

サイゼリヤの業績が好調だ。国内既存店の売上高は13カ月連続で前年同月比プラスとなった。成長要因について外食ジャーナリストの長浜淳之介氏が読み解く。

[長浜淳之介,ITmedia]

 イタリアンファミリーレストランチェーン、サイゼリヤの業績が好調だ。新規出店で売り上げが伸びているだけでなく、既存店の底上げもうまくいっている。既存店の売上高は2016年6月から13カ月連続でプラス(前年同月比)である。

 17年8月期第2四半期決算によると、半年間の国内売上高は559億2000万円(前年同期比3.2%増)、営業利益32億3600万円(同60.0%増)。国内店舗数は1034店となっており半年で6店増えた。顧客からの厚い支持を裏付けている。

 近々発表される第3四半期決算も期待できそうだ。

photo サイゼリヤの人気メニュー、ミラノ風ドリア

 サイゼリヤの最大の特徴といえば、圧倒的な安さである。同じ業態であるガストの顧客単価が約850円なのに対して、サイゼリヤは726円。大手ファミレスの中でも断然の安さとなっている。

 この低価格には理由がある。サイゼリヤ創業者の正垣泰彦会長が67年に千葉県市川市で1号店をオープンした当時、目につきにくい立地だったため集客に苦戦したそうだ。

 メニューの価格を半額にしてみたが、それでも顧客が来なかったので、さらに7割引にした。すると、大行列ができるほどの繁盛店となったのだ。1日に20人しか来なかった店に、800人も来るようになった。1つの店でさばき切れないので、周囲に店舗を増やして、多店舗化に成功した。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集