ニュース
» 2017年07月14日 16時21分 UPDATE

「LINE MUSIC」に対応:LINE、人の指示を理解するスピーカ―「WAVE」発売

LINEが、スマートスピーカ―「WAVE」の先行体験版の予約受付を開始した。音声認識や自然言語処理に特化した人工知能の「Clova」を搭載し、音声での操作や会話ができる点が特徴。

[ITmedia]

 LINEは7月14日、スマートスピーカ―「WAVE」の先行体験版の予約受付を開始した。音声認識や自然言語処理に特化した人工知能(AI)「Clova」を搭載し、音声指示で操作できる点が特徴。「何か音楽を再生して」と頼むと対応してくれるほか、「この曲の名前は?」「おすすめの曲を教えて」と質問すると答えてくれるという。

photo スマートスピーカー「WAVE」

 先行体験版は、楽曲の再生・検索機能を中心に、天気予報機能、アラーム設定機能、カジュアルトーク機能を備える。価格は1万円(税込)。

 購入者には、4000万曲を超える楽曲データに対応した同社の音楽配信サービス「LINE MUSIC」の6カ月間チケットが付与される。チケットの有効期間中は、聴きたい楽曲がデータベースに含まれる場合、WAVEに曲名を話しかけるだけで再生することが可能だ。

photo 話しかけると返事をしてくれる

 低音用20ワットウーファー、高音用5ワットツイーターを搭載。フルレンジのステレオサウンドが楽しめるという。高いノイズキャンセリング技術と音声認識技術も実装しており、5メートル離れた場所からでも口頭での指示を認識できるとしている。

 通常のBluetoothスピーカーとして、スマートフォンやタブレットなどの端末と接続して使用することも可能だ。

 本体サイズは、86.25(幅)×139.84(奥行き)×201.05(高さ)ミリ。今秋発売予定の正規版ではスペックが変更となる可能性があるとしている。

photo 先行体験版のスペック

 正規版は音楽機能のほか、ニュース記事を読み上げる機能、スケジュール管理機能、家電の電源のON・OFF機能などの高度な機能を搭載し、価格は1万5000円(同)となる予定。

 先行体験版のユーザーは、正規版の発売時にソフトウェアのアップデートを行うことで、正規版と同じ機能が使用可能になるという。

 スマートスピーカー市場では、欧米では米Amazonの「Amazon Echo」が圧倒的シェアを占めており、追随する形で米Appleが「Apple HomePod」、米Googleが「Google Home」を展開。それぞれ音楽配信サービス「Amazon Prime Music」「Apple Music」「Google Play Music」と連動したサービスも提供している。

photo 欧米で大人気の「Amazon Echo」

 LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」などで築いた顧客基盤を活用し、日本市場での地位確立を図っていく。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集