ニュース
» 2017年07月21日 14時57分 UPDATE

ゲーム連動サービスを任天堂と共同開発:はてな、「スプラトゥーン2」効果で株価急騰

はてなが「スプラトゥーン2」のゲーム連動サービスを任天堂と共同開発したと発表。ヒットが期待されるタイトルへの参加を市場は好感視し、一時ストップ高に。

[ITmedia]

 ブログサービスなどを展開するはてな(東証マザーズ)は7月21日、同日発売されたNintendo Switch向けソフト「スプラトゥーン2」のゲーム連動サービス「イカリング2」を任天堂と共同開発したと発表した。ヒットが期待されるタイトルへの参加が好感され、株価は年初来高値を更新した。

はてなと任天堂が共同開発した「イカリング2」

 「スプラトゥーン2」に関する共同開発の発表があったのは21日正午。午後の取引が開始すると株価は急騰し、一時は値幅制限の上限(ストップ高)となる前日比500円高の2741円を付け、年初来高値を更新。その後は激しく値動きし、2625円(+17.14%)で取引を終えた。

はてなの株価が年初来高値を更新(=Yahoo!ファイナンス)

 はてなと任天堂は、2008年から協業事業「うごメモシアター」「うごメモはてな」を展開。09年には北米・欧州・オセアニア版のうごメモはてなにあたる「Flipnote Hatena」、12年にはネットワークサービス「Miiverse」を共同開発している。共同開発事例は「スプラトゥーン2」で3件目。

 イカリング2は、「スプラトゥーン2」と連動し、対戦成績の閲覧やソーシャルシェア、ゲーム情報のチェック、ゲーム内アイテムの入手などが可能となるサービス。「スプラトゥーン2」は、販売実績480万本の大ヒットソフト「スプラトゥーン」の続編で、Switch本体の売れ行きをけん引するソフトとして期待されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集