ニュース
» 2017年07月25日 12時05分 UPDATE

「ペイント3D」に統合:MSペイント消える? Windows 10大規模アップデートで

Windowsシリーズの描画アプリケーション「ペイント」が今後のアップデートで削除の可能性。機能は「ペイント 3D」に引き継がれている。

[ITmedia]

 米MicrosoftがWindowsシリーズにデフォルトで搭載している描画ソフト「ペイント(Paint)」が、今後のアップデートで削除される可能性があることが7月25日分かった。1985年発売の「Windows 1.0」から32年にわたって親しまれてきたアプリだけに、ネット上では驚きの声が上がっている。

Windowsシリーズにプリインストールされている「ペイント」

 Microsoftは今秋にWindows 10の大規模アップデート「Fall Creators Update」をリリースする予定だが、削除または非推奨となる22の機能のうちに「ペイント」が含まれていた。

 非推奨とは、将来のバージョンで削除される可能性があるということを意味している。ただ、「ペイント」の主だった機能は今春のアップデートで追加された「ペイント 3D(Paint 3D)」に統合されている上、今後「ペイント」がプリインストールされなくなっても、Windows Storeから利用できるようになるという。

主だった機能は「ペイント 3D」に統合

 その他にも、「3D Builder app」「Outlook Express」「Reading List」などが削除される見通しだが、いずれも代替となる機能を提供済み。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集