ニュース
» 2017年07月27日 13時26分 UPDATE

苦味抑えて飲み心地アップ:サッポロ、エビスビールの新商品「エビス #127」発売

サッポロビールが「エビス #127(エビス イチニーナナ)」を発売する。滑らかな飲み心地が特徴という。セブン&アイ・ホールディングス傘下の実店舗とショッピングサイト限定で販売する。

[ITmedia]

 サッポロビールは7月27日、「エビスビール」の新商品「エビス #127(エビス イチニーナナ)」を8月1日に発売すると発表した。煮沸工程中の麦汁へのホップ添加を最初と終了間際に分けて行う「2分割添加」を行い、飲み心地を滑らかにしたという。

 販売するのは、350ミリリットル入り(税込255円)と500ミリリットル入り(同332円)の2種類で、販売数量は30万ケース。

photo 「エビス #127」

 2016年に発売された「エビス #126」に引き続き、穀皮に含まれる雑味成分を減らす「雑味分離仕込」製法と、良質な苦みを残しつつ雑味の生成を抑える「穏やかな煮沸システム」を組み合わせた「デュアルスムース製法」も採用。渋みや苦みを抑えたとしている

 商品名の「#127」は、SNSで使用されている「#(ハッシュタグ)」を用い、1890年の発売後127周年を迎えたエビスビールの“新たな挑戦”を意味しているという。

 セブン-イレブンやイトーヨーカドーなど、セブン&アイ・ホールディングス傘下の約1万9800店舗と、ショッピングサイト「オムニ7」限定で販売する。

photo 「エビス #127」の概要=プレスリリースより

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集