ニュース
» 2017年08月10日 15時09分 UPDATE

17年度1Qは好調:東芝、「限定付き適正」で16年度決算発表

東芝が「限定付き適正」との監査意見のもと、2016年度通期と2017年度第1四半期の決算を発表した。

[ITmedia]

 東芝は8月10日、提出期限から1カ月以上遅れて2016年度の有価証券報告書(有報)を提出した。16年度の連結決算は売上高が4兆8708億円、営業利益が2255億円、最終損益が9657億円の赤字だった。

photo 東芝の本社ビル

 ただ、監査を担ったPwCあらた有限責任監査法人は、有報について「限定付き適正」との監査意見を表明している。

photo 東芝の2016年度の連結決算

 東芝が併せて発表した17年度第1四半期(4〜6月)の連結決算は、売上高が前年同期比8.2%増の1兆1436億円、営業損益が492.8%増の966億9000万円の黒字、純損益が36.9%減の503億2600万円の黒字だった。

photo 2017年度第1四半期(4〜6月)の連結決算

 スマホ需要の高まりなどにより、主力のストレージ&デバイスソリューションの売上高が22.8%増の4564億円、営業利益は333.3%増の1043億円と好調だったことが影響した。

 17年6月末現在の債務超過額は5043億円で、16年度末から486億円減少した。

 東芝は、16年度決算の開示が遅れた理由について「連結子会社であったWECグループに関する調査手続きに時間を要したため」と説明。「今後の決算の開示については、決算期末後45日以内に実施するよう取り組んでいく」としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集